22日午前9時半ごろ、沖縄県糸満市で糸満署員が不審な軽自動車を発見し停車を求めたところ車が逃走し、30分余りの追跡の末、運転していた男(49)を道交法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕した。呼気からは基準値約3倍のアルコールが検知された。

パトカー(資料写真)

 男はパトカー10台、白バイ5台に追跡されながら糸満市内を逃げ回り、最後は豊見城市内で逮捕された。