沖縄県内で豚コレラ(CSF)が相次いで発生した問題で、県は22日、畜産関係団体や有識者らを集めた「県CSF防疫対策関係者会議」(議長・長嶺豊県農林水産部長)の初会合を開いた。県内の農業関係団体が求めている全県的なワクチン接種の是非や、アグーの隔離など総合的な防疫措置について話し合う。

豚コレラ関係者会議であいさつする玉城デニー知事=22日、県庁

 会議の冒頭で玉城デニー知事は「CSF対策を総合的に議論し、ワクチン接種のメリット・デメリットを踏まえた上で、方向性の合意形成を進めてほしい。飼養衛生管理の徹底やワクチン接種についても、会議を踏まえた上で対応する」と述べた。

 会議のメンバーはJAおきなわや県養豚振興協議会、県獣医師会、有識者など。