【中部】嘉手納基地に16日夕に飛来した米ネブラスカ州オファット空軍基地所属のWC135大気観測機が21日午前8時すぎに離陸し、午後7時20分ごろに嘉手納基地に着陸したのが確認された。同機は大気中の放射性物質を採取・分析する機能があり、北朝鮮の動向を警戒する任務飛行に当たった可能性がある。