前代未聞の不祥事だ。 南風原町が、日本脳炎の定期予防接種(1期追加)の通知を2017〜18年度の2年間怠り、対象となる3〜7歳半の537人に届いていなかったことが分かった。このため、273人が接種を受けておらず、うち68人は対象年齢上限の7歳半を過ぎていた。