沖縄県内で豚コレラ(CSF)が相次いで発生した問題で、玉城デニー知事は22日、県内の農業関係団体が求めている全県的なワクチン接種を実施する考えを発表した。23、24日にも農林水産相と面談し、感染拡大対策に必要な支援を要請する考え。

豚コレラの感染拡大を防ぐため、予防ワクチンの接種を明らかにする玉城デニー知事=22日、県庁

豚コレラ対策でワクチン接種を判断した玉城デニー知事

豚コレラの感染拡大を防ぐため、予防ワクチンの接種を明らかにする玉城デニー知事=22日、県庁 豚コレラ対策でワクチン接種を判断した玉城デニー知事

 同日開かれた畜産関係団体や有識者らを集めた「県CSF防疫対策関係者会議」(議長・長嶺豊県農林水産部長)は、ワクチン接種の必要性を全会一致で確認。県はワクチンの抑止効果を認める一方で、防疫対策の複雑化を懸念し接種に慎重だった。関係者会議の意見を受け、玉城知事が判断した。

 会議のメンバーはJAおきなわや県養豚振興協議会、県獣医師会、有識者など。