1972年に日本復帰するまでの沖縄で、精神障がい者を合法的に閉じ込めた「私宅監置」の歴史を4年にわたり追い掛けているフリーテレビディレクターの原義和さん(50)が、創作場面を織り交ぜたドキュメンタリー映画「夜明け前のうた 見棄てられた沖縄の精神障害者」の製作に取り組んでいる。各地の取材映像に加え、県内離島に実在した藤さん(故人)という女性が50年代から20年以上監置されていた小屋を再現。丹念な聞き取りで浮かび上がった犠牲者たちの人間性、隔離を正当化した社会の過ちを問う。3月中に完成予定。(学芸部・新垣綾子)

再現された小屋の中では現代舞踊家のDanzatakara.さんが監置された犠牲者の「魂」を演じている=20日、八重瀬町

藤さんの小屋の写真。岡庭武さんが撮影した1964年5月1日時点で、13年私宅監置が続いていた(県精神保健福祉会連合会提供)

再現された小屋の中で撮影する原義和監督(手前)とDanzatakara.さん=20日、八重瀬町

再現された小屋の外で舞うDanzatakara.さん=20日、八重瀬町

映画撮影に臨む原義和さん(左)。小屋の中では現代舞踊家のDanzatakara.さんが監置された犠牲者の「魂」を演じている=20日、八重瀬町

映画監督の原義和さん(後列右)と現代舞踊家のDanzatakara.さん(後列右から2人目)、監置小屋の再現作業を担ったてるしのワークセンターの関係者ら

再現された小屋の中では現代舞踊家のDanzatakara.さんが監置された犠牲者の「魂」を演じている=20日、八重瀬町 藤さんの小屋の写真。岡庭武さんが撮影した1964年5月1日時点で、13年私宅監置が続いていた(県精神保健福祉会連合会提供) 再現された小屋の中で撮影する原義和監督(手前)とDanzatakara.さん=20日、八重瀬町 再現された小屋の外で舞うDanzatakara.さん=20日、八重瀬町 映画撮影に臨む原義和さん(左)。小屋の中では現代舞踊家のDanzatakara.さんが監置された犠牲者の「魂」を演じている=20日、八重瀬町 映画監督の原義和さん(後列右)と現代舞踊家のDanzatakara.さん(後列右から2人目)、監置小屋の再現作業を担ったてるしのワークセンターの関係者ら

◆よく口ずさんでいた歌

 20日午後、1坪半ほどの小屋を再現した八重瀬町の農地であった撮影。「だんだんと、諦めていくイメージで」。原さんが指示を出すと、小屋の中にいる全身白の衣装をまとった現代舞踊家、Danzatakara.さん(31)=東京都在住=が、木格子の間から出していた手足をゆっくりと引っ込めていった。

 表現されているのは、社会の安寧のため存在を否定された人々の苦悩。小屋を抜け出し自由に舞う場面では、隔離を解かれた犠牲者の躍動する魂が描かれている。

 原さんの取材によると、藤さんは「目鼻立ちがはっきりした琉球美人」。失恋が原因で精神を病み、長期の監置、入院を経て晩年は介護施設で暮らした。原さんが心を揺さぶられたのは、藤さんが監置によって人間の尊厳を激しく傷付けられながらも、よく歌を口ずさんでいたといういくつもの証言だ。

 「国が全体重をかけ被害者を踏みつぶそうとする中、彼女の心には救いの光として歌が生きていたのではないか。藤さんに会いたいと思った」