沖縄県の玉城デニー知事が豚コレラ(CSF)のワクチン接種に踏み切ったのは、県外や海外からの観光客が行き来し、ウイルスの侵入リスクが高い沖縄で、農家の「自助努力」だけでは限界があると判断したからだ。県は「打たないリスクより、打つリスク」を選択し、中長期的な視点で、CSFに向き合う決断をした。