農林水産省の「CSF疫学調査チーム」が23日公表した報告書では、農家が食品残さの加熱処理を怠っていたことや防鳥ネットの未設置など、国が定める「飼養衛生管理基準」の不徹底が浮き彫りになった。国は、順守の徹底を都道府県に文書で通知し、新たな発生の抑止を求めている。