共同通信 ニュース

桜見る会「運用反省すべきだ」 首相、政府挙げ公文書管理徹底

2020年1月24日 12:44

 安倍晋三首相は24日午前、参院本会議での代表質問で、首相主催の「桜を見る会」に関し「これまでの運用は大いに反省すべきだ。今後私の責任で、招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討する」と述べた。招待者名簿などのずさんな管理に批判が集まっていることに関し「政府を挙げて公文書管理のさらなる徹底の方策を検討する」とし理解を求めた。

 各党の代表質問が行われた参院本会議=24日午前

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は、桜を見る会で政府が計上した予算額を上回る支出が続いていた点を「国会軽視だ」と指摘。首相は「私自身は支出などの詳細は承知していなかった。結果的には望ましいものではなかった」と釈明した。(共同通信)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気