【東京】玉城デニー沖縄県知事は24日午後、農林水産省で江藤拓農相と会談し、県内で発生している豚コレラ(CSF)のまん延を防止するため、豚へのワクチン接種に協力を要請した。江藤氏は、同日中に県を接種推奨地域に指定すると明らかにした。

豚コレラのまん延防止へ江藤拓農相にワクチン接種の協力を要請する玉城デニー知事=24日、農林水産省

 推奨地域の指定は接種に必要な手続きで、指定を受け、県が接種時期や区域などの計画を策定することになる。

 江藤氏は「省からサポートが必要であれば準備するので、接種プログラムを策定すれば接種の段階に入る」と支援を明言した。

 知事は要請後、記者団に「非常にありがたい。これからは一層、衛生管理基準を厳格に守りつつ、接種のためのプログラム策定に早速取り組む」と述べた。

 県内での発生は、ウイルスが含まれていた非加熱の食品残さを餌として利用していたことが原因となった可能性が高い。飼養衛生管理基準では加熱するよう定められている。

 農水省は、各都道府県に残さを使っている農場に立ち入り検査をするよう求めるなど、飼養衛生管理の徹底を呼びかけている。