豊見城署は23日、交通課の30代の男性巡査が個人情報を記載した捜査関係書類2枚を、本来の関係先ではない県内の介護施設に誤ってファクスしたと発表し、陳謝した。書類は交通違反関連のもので、1人分の氏名や住所、携帯番号などが記載されていた。