「飼養衛生管理基準」では、特定の症状が見られる家畜を発見した場合の早期通報や食品残さの加熱処理の徹底、野生動物を侵入させないよう防護柵や防鳥ネットの設置などを、農家に求めている。 畜舎や飼料タンク、飼料倉庫などの「衛生管理区域」に柵やロープなどで境界を引き、部外者の不要不急の立ち入りを防ぐよう規定。