沖縄タイムス紙面掲載記事

「辺野古」巡る論戦低調/衆参代表質問 野党 「桜」「IR」に重点

2020年1月24日 05:00有料

 【東京】22日から衆参の代表質問が始まり、与野党の論戦が本格化しているが、辺野古新基地建設を巡る議論が低調だ。新基地を巡っては沖縄防衛局が昨年12月に工費が従来想定の3倍近い約9300億円に増額し、工期も県の設計変更承認から「約12年」と見積もるなど計画の見直しを発表。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気