【東京】豚コレラ(CSF)の感染経路を調べる農林水産省の疫学調査チームは23日、県内で発生した事例の調査結果を発表し、ウイルスが混入した非加熱の食品残さを餌として与えたため感染した可能性が高いとした。養豚場が国の定める飼養衛生管理基準を順守していなかった。