共同通信 ニュース

首相、不祥事続発「申し訳ない」 参院本会議の代表質問

2020年1月24日 19:47

 安倍晋三首相は24日、参院本会議での代表質問で「桜を見る会」や閣僚辞任、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件など相次ぐ不祥事を謝罪した。「大切な審議時間が政策論争以外に多く割かれている状況は国民、納税者に大変申し訳ない」と述べた。国民民主党の大塚耕平参院議員会長が不祥事を列挙し、発言を求めたのに対し答えた。

 参院本会議で、代表質問のために演壇に上がる共産党の山下芳生氏(手前)と閣僚席の(後列右から)安倍首相、麻生財務相、茂木外相、菅官房長官ら=24日午後

 ただ、首相は私物化疑惑などに従来答弁を繰り返し、政治不信の解消に乗りだす姿勢はうかがえなかった。政策論争が不十分と訴え、不祥事追及に注力する野党へのいら立ちも透けた。(共同通信)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気