女優の竹下景子さん(66)と市民が1995年の阪神大震災を語り継ぐために被災者らの詩を朗読するコンサート「詩の朗読と音楽の夕べ」が24日、神戸市で開かれた。

 「詩の朗読と音楽の夕べ」で詩を朗読する竹下景子さん=24日午後、神戸市

 犠牲者を悼み「震災を引き受けてくれた人たち、私たちを見守ってくれていますか」とつづられた詩を、竹下さんが一言ずつ思いを込めるように朗読。持っていたハンカチで時折目頭を押さえた。会場内はアコーディオンや笛の音色に包まれた。

 市民団体「復興支援コンサート実行委員会」の主催。全国の被災者らから寄せられた災害に関する約4千点の作品の中から主催者が選んだ詩が読み上げられた。(共同通信)