相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判は24日午後も横浜地裁(青沼潔裁判長)で弁護人の被告人質問が続いた。障害者への差別発言を繰り返す被告は、動機の背景に「金が欲しかった」との思いがあったことを明らかにした。事件を犯罪と認識しているとも述べた。

 植松聖被告の裁判員裁判第8回公判で傍聴券を求めて列を作る人たち=24日午前、横浜市

 被告人質問で植松被告は、社会人になってから楽しく生活するために金が欲しいと強く思うようになり、手段として人に役立つことをしたいと思い、事件を実行したと話した。(共同通信)