観光客数が1千万人を超えた沖縄観光だが、客室数の増加に対して、宿泊客を確保できず苦戦を強いられる宿泊業界から「供給過多」への警戒感が高まっている。県の調査では、船内に宿泊するクルーズ客を除いた、空路客の伸び率は2018年以降2~3%台に低下。