タイムス×クロス 平安名純代の想い風

[想い風]米国社会に潜む“毒”を浮き彫り “PFAS汚染”、新たなうねり巻き起こす米映画

2020年1月25日 17:00

 「これはきっとヒットする。政治家は何をやっているんだと言われないように規制法を急がねば」-。 昨年の春、米政治家たちの私的な集まりで、そんな会話を耳にした。 昨年11月、米国で映画「ダーク・ウォーターズ」が公開された。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気