沖縄地区税関が23日発表した2019年の管内貿易統計によると、輸入は前年比15・3%減の1485億4100万円となり、統計を開始した1972年以降、3番目に低かった。ここ数年続いていた日本トランスオーシャン航空(JTA)の航空機の更新がなくなった反動が響いた。