米海軍所属のMH60多用途ヘリコプターが沖縄本島沖約180キロの海上で「不時着水」した事故を受け、県は25日、海でも陸でも米軍機事故はあってはならないと反発した。政府内では事故への批判がある一方、事故原因などがまだ不明として、同型機の飛行停止を米側に求めることに消極的な意見もある。