沖縄地方は25日、県内4地点の観測所で1月の観測史上最高気温を更新するなど夏日が続いた。安次嶺(那覇市)では同日午後1時38分に27・6度を記録。那覇27度、伊是名26・3度、粟国26度といずれも統計開始以来の1月最高気温だった。

 沖縄気象台によると、寒気が南下しにくい状態にあるため、暖かい空気が流れ込みやすくなっている。

 26日も那覇では最高気温25度の夏日が予想されている。28日ごろからは寒気の影響を受け、気温は平年並みか平年より低い。向こう1週間、期間初めは気圧の谷や前線の影響で曇りや雨。期間中頃からは曇る見込み。

 1月1~23日の沖縄地方は、平均気温が平年より1・4度高く、統計を開始した1946年以来、1月平均気温の平年差で4番目に高かった。晴れの日も多く、日照時間も平年の164%だった。