共同通信 ニュース

米男子ゴルフ、松山50位に後退 首位と10打差、第3日

2020年1月26日 10:44

 【ラホヤ(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは25日、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー72)で霧のため2時間遅れで第3ラウンドが行われ、17位で出た松山英樹は3バーディー、5ボギーの74と振るわず通算2アンダーで50位に後退した。首位とは10打差。

 第3ラウンド、16番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで50位=トーリーパインズGC(共同)

 65をマークしたジョン・ラーム(スペイン)が通算12アンダーでトップ、1打差の2位にライアン・パーマー(米国)、3位は9アンダーでロリー・マキロイ(英国)ら4人がつけた。69のタイガー・ウッズ(米国)は7アンダーで14位。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気