沖縄タイムス+プラス ニュース

「米軍は必要だと思う。だけど…」元自衛官があきれるルーズさ 流弾や降下訓練 問題が多発

2020年1月28日 10:00有料

■骨抜きの主権国家 日米地位協定60年(4) いつもよりエアコンが効かないと思い部屋を見渡すと窓ガラスが割れていた。原因は、米軍の銃弾だった。 2018年6月、名護市数久田で小嶺雅彦さん(46)が営む農園の作業小屋に、米軍の銃弾が撃ち込まれた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間