「宮古島のパーントゥ」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された沖縄県宮古島市上野野原(のばる)の伝統祭祀(さいし)「サティパロウ(里祓(はら)い)」が23日、集落内で行われた。木製の仮面を顔に当て来訪神「パーントゥ」に扮(ふん)した男児を先頭に、女性たちが「ホーイホーイ」と声を上げながら練り歩き、厄を払った。

「パーントゥ」に扮した男児を先頭に集落内の厄をはらう住民たち=23日夕、宮古島市上野野原

 サティパロウは旧暦12月の最後の丑(うし)の日に行われる年中行事。集落内に子育て世帯がほとんどいないため、出身者の子や孫らがパーントゥ役を担っている。

 女性たちはヤブニッケイなど3種類の草を頭や腰に身に着けて参加。御嶽に祭祀を始めることを報告した後、子どもたちと集落を練り歩いた。

 初めてパーントゥとなった上野小3年の砂川来輝(らいき)さん(9)は「結構歩いたので足がしびれたが楽しかった。来年もやってみたい」と話した。