【名護】東京五輪・パラリンピックの盛り上げと競技普及を目的に、車いすラグビー元日本代表副主将の三阪洋行さんとラグビー元日本代表主将の廣瀬俊朗さんのトークショーが26日、名桜大学であった。リーダーシップや指導方法について語った。 三阪さんは17歳の時、頸椎(けいつい)を損傷して車いす生活になった。