県内13のコミュニティラジオ局でつくる「県コミュニティ放送局防災ネットワーク協議会」は24日、那覇市内で会合を開き、各局に緊急地震速報機を導入することを決めた。速報機は、事務用品販売のオキジムが無償提供する。 協議会は昨年12月、災害時に各局が助け合う仕組みをつくる目的で発足した。