恐怖に襲われるというのは決して大げさではない。住宅地上空を米軍機が昼夜問わず飛行するのを強いられている県民には陸、海にかかわらず沖縄のどこでも起こり得ることを実感させる事故だ。 防衛省沖縄防衛局は米海軍のMH60多用途ヘリコプターが沖縄本島東沖180キロの公海上で「着水」したと発表した。