アフラック生命保険は22日、琉球大学医学部付属病院にアヒル型ロボットを贈った。 ロボットは、自由に遊べない小児がんの子どもたちを応援する目的で米国で開発されたもので、音楽に合わせて踊ったり、付属のカードを胸に当てると感情表現したりする。