国民学校高等科2年生の時、侍従武官が今帰仁村の越地を視察した。区長や区民が参加する式典の後、少年団長を務めていた私は越地事務所(当時の公民館)で、生徒を代表して「皇室のもと、一億一家、心と心、力と力を一つにして…」から始まる銃後奉公の誓を発表した。