米軍嘉手納基地や普天間飛行場周辺の河川や井戸、湧き水から人体への影響が指摘される有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が検出されている問題で、市民や環境問題の専門家、議員らが「有機フッ素化合物(PFAS)汚染から市民の生命を守る連絡会」を立ち上げた。