国立劇場おきなわは組踊「執心鐘入」の後日談を描いた喜劇「鐘入鬼女其ノ後ノ噺〜続・執心鐘入〜」(作、演出・嘉数道彦、振付・阿嘉修、音楽・仲村逸夫)を18日、浦添市の同劇場で上演した。「執心鐘入」で鬼女が寺から出て行った後の若松や宿の女が登場。