米海軍所属のMH60多用途ヘリコプターの沖縄本島沖墜落事故を受け、公明党県本(金城勉代表)は27日、沖縄防衛局と外務省沖縄事務所に抗議し、原因究明までの同型機の飛行中止を求めた。  防衛局の竹内芳寿次長は飛行中止に関し「個々の対応を踏まえて判断する。