【東京】沖縄本島東沖180キロで発生した米海軍第7艦隊(神奈川県横須賀市)のMH60ヘリ墜落事故で、日本政府が同型機の飛行停止を米側に求めず、書面による再発防止などを盛り込んだ申し入れにとどめる対応を取ったことが27日、分かった。