大弦小弦

[大弦小弦]「それなら結婚しない」は議論の放棄

2020年1月29日 09:14

 2011年から3年間、県議会を担当した。任期の前半は、与野党が普天間飛行場の県外移設で一致していた。議場はおおむね和やか。やじにもどこか愛嬌(あいきょう)があった

▼約40の質問をした共産県議を、自民県議が「非常識だぞ」とやじった。すっかり忘れたのか、後に自分は約60も質問した。共産県議から「あなたの方が非常識」とやじり返され「オチがついちゃいました」と苦笑していた

▼こちらは笑えない。国会で選択的夫婦別姓の質問に「それなら結婚しなくていい」とやじが飛んだ。野党は自民の杉田水脈(みお)氏だと指摘している

▼別姓への賛否を表明するなら建設的だ。「それなら結婚しない」では、議論の放棄だろう。そもそも別姓は強制でなく、選択制なのだが。報道陣が事実確認を求めても、杉田氏は携帯電話で話してばかり。言論の府で働く身と思えない

▼杉田氏は18年、雑誌への寄稿で性的少数者(LGBT)を「子どもをつくらない。つまり『生産性』がない」と規定した。人の価値は、子どもを産むかどうかで決まるわけではない

▼慣れ親しんだ姓に、結婚後も誇りや愛着を持つ人がいるだろう。女性が男性の姓に合わせる風潮に、申し訳なさも感じる。憲法24条は夫婦の権利が平等だと保障している。与党は改憲より前に、同姓を強いる民法750条の改正を真剣に考えてはいかがか。(吉田央)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!