うるま、沖縄両市の養豚場で発生した豚コレラ(CSF)の防疫支援活動などを実施した陸上自衛隊第15旅団は28日、那覇市の陸自那覇駐屯地で報告会を開いた。 対処部隊長で第15高射特科連隊長の内村直樹1等陸佐は、県側との調整を円滑にするため、前進拠点に県の現地調整所を設置することを要望。