新型肺炎が県内で確認された場合に備え、県は29日、県健康危機管理対策本部会議を緊急で開いた。新型かどうかを確定する検査を迅速に行うため、県内で検査を完結できる体制を月内に整える方針を確認。