組踊「花売の縁」の若々しいとなえ、地謡が国立劇場おきなわの養成研修室に響いた。同劇場の第5期組踊研修生が3月の修了発表会に向けて稽古に取り組む様子を、講師の一人、城間徳太郎氏は熱いまなざしで見守った。 「もっと声を上げて」と身ぶりで研修生にアドバイスを送る。