2019年度補正予算の成立を受け、沖縄総合事務局開発建設部は30日、国土交通省関連の約45億円の事業概要を公表した。事業区分ごとの内訳では、がれき撤去など首里城再建に係る経費を中心に「公園」で8億円となった。 中城湾港、平良港の整備などで「港湾」に13億7千万円と最も多かった。