【東京】集団的自衛権行使を容認した安全保障関連法は憲法違反で、女性の権利を侵害しているとして、全国121人による「女の会」が国に損害賠償を求めている安保法制違憲訴訟の第12回口頭弁論が31日、東京地裁(徳岡治裁判長)であった。