【宮古島】新型肺炎の感染拡大を受け、平良港保安委員会(委員長・下地敏彦宮古島市長)は31日、平良港ターミナルビルで対策会議を開いた。国や市、港運会社などの関係者が参加し、海外から平良港に寄港するクルーズ船の検疫体制について情報を共有した。