米国の海運大手マトソン社(本社・ハワイ州ホノルル)のマシュー・J・コックス会長が29日、那覇市役所に城間幹子市長を訪ね、首里城再建に向けた資材の海上輸送を同社が担い、輸送費米10万ドル分(日本円で約1千万円)を支援すると表明した。 コックス会長は「沖縄とハワイの間には多くの共通点がある。