全国で最も低い県内の国民年金保険料の納付率を高めようと、日本年金機構(水島藤一郎理事長)がこのほど「沖縄プロジェクト」を立ち上げた。県内は国民年金の加入が義務付けられる20〜24歳の納付率が全国平均の半分を下回っており、若年層の納付率アップに注力する。