日本バスケットボール協会は31日、女子の東京五輪世界最終予選(2月6日開幕・ベルギー)に出場する日本代表を発表し、エースの渡嘉敷や吉田(ともにJX−ENEOS)ら12人を選出した。2016年リオデジャネイロ五輪代表で、出産を経て復帰した大崎(日本協会)が代表に返り咲いた。