26日に閉幕した空手の国際大会プレミアリーグパリ大会で、28・68点の高得点を出し、男子個人形10大会連続優勝を果たした喜友名諒(劉衛流龍鳳会)。東京五輪イヤーの初戦で最高のスタートを切り、「五輪本番までの7カ月も、すぐに過ぎるはず。もっと気を引き締めて稽古に励んでいく」と気持ちを新たにした。