那覇空港の将来を考えるシンポジウム(主催・那覇空港拡張整備促進連盟、県経済団体会議など)が31日、那覇市内のホテルで開かれた。パネルディスカッションで沖電工の當銘健一郎専務が、既存の滑走路と第2滑走路の間に、新ターミナルを建設することで那覇空港の機能が最大限発揮されると強調。