【東京】農林水産省の有識者会議は31日、豚熱(CSF、豚コレラ)などの家畜伝染病を防ぐため、養豚農家に順守を求める飼養衛生管理基準の改正内容を決定した。餌に使う食品残さ(残飯)の加熱処理基準を国際基準と同レベルに引き上げ、農家ごとに衛生管理マニュアル(手引き)の作成を義務付けるなど厳格化。