玉城デニー知事は31日の定例記者会見で、首里城火災から3カ月が経過する中で、首里城を管理する県の責任について「管理者としての責任は認識している」と述べた。責任の取り方には「さまざまであるが、どう再発防止につなげるかに重点を置いて取り組むべきだと考える」との見解を示した。