県内私立大学のトップを切って、沖縄キリスト教学院大学・同短期大学と沖縄女子短大で1日、一般入試(前期)が始まった。

 沖縄キリスト教学院大(英語コミュニケーション学科)の倍率は2・3倍。同短大は英語科が2・0倍、保育科が0・5倍だった。沖縄女子短大は総合ビジネス学科、児童教育学科ともに2倍。受験生は試験直前まで参考書や過去問題集を見直していた。

 那覇高校3年の根路銘ひかるさんは落ち着いた様子で「これまでやってきたことを信じて、自分の力を出せたら」と笑顔。森山朝賢さん(19)=那覇市=は「やることはやってきた。後は落ち着いて試験を受けるだけ」と程よい緊張感を保っている様子だった。

 沖縄国際大学の試験は4、5日。沖縄大学は6、7日に実施する。