沖縄県は2日、沖縄市の養豚場で、県内で5例目となる豚熱(CSF、豚コレラ)の感染が確認されたと発表した。この養豚場は沖縄市の3例目の養豚場の3キロ圏内(移動制限区域内)にあり、1857頭が殺処分となる。

1月の豚熱感染確認後、殺処分された豚を埋却

 県は1日、5例目の農場から「飼養豚が1頭死亡し、他の豚からも発熱、食欲不振の症状がある」と通報を受け、家畜防疫員による立ち入り検査を実施。遺伝子検査の結果、2日に「陽性」が確認された。

 新たな発生を受け、県は、2日午後2時から「県特定家畜伝染病防疫対策本部会議」を開いた。玉城デニー知事は「国、関係機関と連携し、24時間体制で防疫対策を実施する。CSFは、豚とイノシシの病気で、人に感染することはない。県民には、国や県が提供する正しい情報に基づき、冷静に対応してほしい」と呼び掛けた。